モバイルワークや在宅勤務などのテレワークの時代に、モバイル機器やデータの管理もバージョンアップ

モバイル機器の紛失・盗難にも備えて、遠隔でデータを削除や端末とアプリのセキュリティポリシーも設定できます。

Microsoft Intune

Microsoft Intune

モバイル機器の管理とIT資産管理(アプリケーション、データ)を行うための社内資産管理クラウドサービスです。

Microsoft Intuneとは

Microsoft Intune は、モバイル デバイス管理 (MDM) とモバイル アプリケーション管理 (MAM) を中心にしたクラウドベースのサービスです。

・組織のデバイスの使用方法を制御(携帯電話、タブレット、ラップトップ等)
・特定のポリシーを構成してアプリケーションを制御
たとえば、組織外のユーザーに電子メールが送信されないようにできます。
・Intune によって、組織内のユーザーは自身の個人用デバイスを学校や職場用に使用することが可能になります。
個人用デバイス上では、Intune によって組織データが保護された状態を確保し、個人データと組織データを分離することができます。
・Intune は Azure Active Directory (Azure AD) と統合され、アクセス権を持つユーザーと彼らがアクセスできる機能が制御されます。
・Intune は、Microsoft の Enterprise Mobility + Security (EMS) スイートの一部です。
・データ保護のために Azure Information Protection とも統合されます。
・Microsoft 365 スイートの製品と共に使用できます。
たとえば、Microsoft Teams、OneNote、およびその他の Microsoft 365 アプリをデバイスに展開できます。 この機能によって、ご自身で作成したポリシーを使って組織の情報を保護したうえで、組織内のユーザーがすべてのデバイス上で生産性を維持できるようにすることが可能です。

Intune では次のことができます。
•Intune を使用した 100% のクラウドにするか、Configuration Manager と Intune を使用した共同管理にするかを選択する。
•個人および組織所有のデバイスで、データとネットワークにアクセスするルールを設定し、設定を構成する。
•オンプレミスとモバイルのデバイスにアプリを展開し、認証する。
•ユーザーが情報にアクセスして共有する方法を制御して、会社情報を保護する。
•デバイスやアプリをセキュリティ要件に準拠させる。


デバイス管理とは

様々な端末

できること・できないことを管理画面から設定できます。

デバイス管理とは

組織内のデバイス上で、組織のリソースとデータを保護してセキュリティ確保を行うことです。
デバイス管理プロバイダーを使用することで、組織では、承認されたユーザーとデバイスだけが機密情報にアクセスできるようにすることができます。 同様に、デバイスのユーザーは、自分のデバイスが組織のセキュリティ要件を満たしていることがわかっているため、安心して自分の電話から作業データにアクセスできます。
•多様なモバイル環境をサポートし、iOS/iPadOS、Android、Windows、および macOS デバイスを安全に管理します。
•デバイスやアプリを組織のセキュリティ要件に準拠させます。
•組織所有のデバイスと個人のデバイスで、組織のデータを安全な状態に保つために役立つポリシーを作成します。
•1 つの統合されたモバイル ソリューションを使用して、これらのポリシーを適用し、デバイス、アプリ、ユーザー、およびグループの管理に役立てます。
•従業員が会社のデータにアクセスし、共有する方法を制御することで、会社の情報を保護します。


Microsoft Intuneの機能

基本機能

・携帯電話、タブレット、ラップトップなど、組織のデバイスの使用方法を制御

・特定のポリシーを構成してアプリケーションを制御

・組織内のユーザーは自身の個人用デバイスを学校や職場用に使用することが可能になります。 個人用デバイス上では、Intune によって組織データが保護された状態を確保し、個人データと組織データを分離することができます。

・Azure Active Directory (Azure AD) と統合され、アクセス権を持つユーザーと彼らがアクセスできる機能が制御

・Microsoft 365 スイートの製品と共に使用できます。

デバイス管理

・登録されているデバイスを確認し、組織のリソースにアクセスするデバイスのインベントリを取得する。

・セキュリティと正常性の標準を満たすようにデバイスを構成する。 たとえば、脱獄されたデバイスをブロックする場合があります。

・ユーザーが Wi-Fi ネットワークに簡単にアクセスできるように、または VPN を使用してネットワークに接続できるように、デバイスに証明書をプッシュする。

・準拠および非準拠のユーザーとデバイスに関するレポートを表示する。
 デバイスが紛失された、盗難された、または使用されなくなった場合に組織のデータを削除する。

デバイス管理

・特定のグループのユーザー、特定のグループ内のデバイスなど、ユーザー グループとデバイスにモバイル アプリを追加して割り当てる。

・特定の設定を有効にしてアプリを開始または実行するように構成し、デバイスに既に存在するアプリを更新する。

・使用されているアプリに関するレポートを表示し、その使用状況を追跡する。

・アプリから組織のデータのみを削除して選択的ワイプを実行する。

・Azure AD ID を使用して、個人のデータから組織のデータを分離する。 そのため、個人情報は組織の IT の認知から分離されます。 組織の資格情報を使用してアクセスされるデータには、追加のセキュリティ保護が適用されます。

・ユーザーが実行できる操作 (コピーと貼り付け、保存、表示など) を制限することで、個人用デバイスでのアクセスをセキュリティで保護する。

・作成して、Intune に登録されているデバイス、別の MDM サービスに登録されているデバイス、またはどの MDM サービスにも登録されていないデバイスに展開できます。 登録済みのデバイスでは、アプリ保護ポリシーによって追加の保護レイヤーを追加できます。


料金

月額650円(税抜)/ユーザー

1ユーザーからお申込み頂けます。


オプションサービス

Microsoft Intuneをご活用頂くために、ワンストップでお客様をご支援しています。

導入コンサルティング・設定

情報セキュリティポリシーの策定と整備。
社内で規定された情報セキュリティ規程をセキュリティポリシーへ落とすことが必要になります。具体的にはどのソフトウェアを許可して、どういうった行動を許すのか許さないのかを決めていきます。
費用感:50万円程度

保守・サポート

運用時に出てくる疑問点にお電話・メール・月2回程度までの訪問(首都圏)を行っております。
会社内に詳しい人がいない場合や、IT担当ではあるけれどもよく分からない、といった方々のITパートナーとしてご支援させて頂いております。
費用感:年間12万円程~年間36万円程度(月額1万円~3万円)

とくじでは、セキュアな環境づくりを行っています


事例

システム開発会社様

社員端末の利用をすることが多かったため、その中で、組織内のセキュリティポリシーで運用するために、Micrsoft Intuneの導入を行い、セキュリティの担保をしました。